躁うつ病について

こんにちは!
ZUMBAインストラクターのミキハルです。
最近少し、調子が落ち気味なのは、躁うつ病のせいなのか何なのか、もやもやしております。
でもZUMBAをやっているときは笑顔
「その笑顔が好きだよ」と言ってくれる参加者に、感謝せずにはいられないのであります。

今日は躁うつ病について語ろうと思います。
こんなパターンもあるんだな、と参考になれば幸いです。

自分が普通の状態ではない、と気づくきっかけになったのは転職活動でした。
内定をいただき、転職を決意し、ハイテンションで勤め先に退職を申し出たものの、
親からの反対やらなんやらで急に不安になって、パニックに陥り、死にたい気持ちで頭がいっぱいになり涙が止まらず、たまたまLINEをしてきた友人にありのままの気持ちをぶちまけて何とか冷静さを取り戻すことができました。
結局転職はせず、メンタルクリニックへ通うことを決意しました。
そこで、「躁うつ病」という診断をいわれ、なるほど、と思いました。
今思うと、転職を決意した時点が躁状態で、親からの反対をうけて急激な鬱状態に落ち込んで混乱したのだと思います。
私の場合は、薬で治療を行っています。
2種類の薬を朝夕飲むだけです。
情緒の上がり下がりを少なくしてくれる薬だそうです。
少しずつ量を増やしながら飲み始め、今は一定の量を飲んでおります。
飲み始めて、半年くらい経ちました。
早く薬をやめられたらいいなぁ。
あとは、2週間間隔でクリニックに通って、最近どうかって話を5分くらい先生とするだけです。
最近は「特に何もなく、落ち着いてます」くらいしか話していない気がします(笑

薬のおかげか、精神的に平穏というか、上がり下がりがなくなったのは実感しています。
悲しいときに落ち込まない、死にたいと思わない、のはいいことなんですが、
ZUMBAやってる時の「ひゃっほーう!」という元気さも実は感じなくなってしまったのは少しさみしい気がします。

それでも、笑顔で楽しく踊れているので、やっぱりZUMBAはすばらしいなぁ、と思うこのごろであります。
でも最近、たまにジムでローテンションで踊ってて心配されてしまいます(笑

以上が私の躁うつ病ですが、何かまた治療情報、情緒の動きで共有できるものがあれば、ここで報告していきたいなと思っています。
ここまで読んでいただきありがとうございました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント